#title {color:#666666;}

起床。出勤。空はドンヨリ。
職場にてボスから「トミーとトーマスだったらどっちが良い?」と訊ねられる。どうやら僕のあだ名らしい。いや、どっちも嫌です。と正直に答えたもののボス的にはトミーで納まったらしい。トミーって呼ばれるのかぁ。心底嫌っ、て程じゃないけれど気は乗らない。
終業。帰宅。身支度して海へ。野宿をしに。
天気が良くないので星も見れない。しかも雨が降りそう。と思っていたら実際に降ってきた。先日、職場で「この職場になってから一度も傘をさして出勤したことがないんですよー」と先輩に話したら「へ−、晴れ男だね」と言われた。いや、違うよ。それはむしろ雨男だよ、と思った。事実、休日に雨が降ることは比較的多い。今回だってそうだ。やになっちゃう。とにもかくにも、優れない天気のなか野宿。どうにかしのげる程度の雨で良かった。寝袋に包まって海を見ながら辛子明太子を食べる。珍しいシチュエーションだと思う。就寝。

起床。すぐ近くまで海が来ていて軽くビクつく。カップヌードルを食べる。そして歩く。ひたすらに。夏に置き去りにされた浜辺を歩く。雨上がりのアスファルトを歩く。夜の間に冷やされた二時間に一本しかバスの来ない道を歩く。歩く歩く。夏の死骸を踏みつけて。歩く歩く。で、半島の先端まで歩いて、そこから船に乗って島に渡って、島をぶらぶらして、そしてまた船に乗って帰ってきて、でバスに乗って電車に乗って帰宅。昼下がり。睡眠薬でも飲まされたように眠い。なんやかんやで夜。就寝。


起床。また日常の始まり。ボスとビートルズトーク。毎日のようにしているビートルズトーク。そして毎日のように「詳しいなぁ」と言われる。そう、実は僕ビートルズっ子。でもリマスター盤は買ってないんだよなー。欲しいんだけどなー。高いものなー。で、終業。帰宅。就寝。


起床。晴れ。わっ、休日に晴れたっ!と素直に喜べないのは今日は一日をかけて通信教育のレポート試験をやるつもりだから。タイミング悪い。で、レポートに勤しむ。も集中できず。結局、先日のライブで録音した音源を弄ったりして午後を過ごす。あぁこんなことなら出かければ良かった。秋物とか買いに。でももう遅いな、夕方だからホットケーキを焼こう。と無茶苦茶な理由でホットケーキを焼いて食べてぼんやり。日が暮れる。無音の部屋の中に色々な音が染み渡ってくる。子供の声。車がアスファルトをかける音。ボーイングのジェット音。鳥の鳴き声。全部が静かで、全部がきれい。なんだか悲しい気持ちになってしまう。秋の始まりはいつも悲しい気分になる。仕事だって行きたくない。でも明日も行かなきゃね。夏の死骸を踏みつけてでも。

      • -