#title {color:#666666;}

昨日、バイト先にある生簀(というより水槽か)を眺めていたら、その中でナマコが死んでいた。ナマコってやつは、生きていてもそれが生きているのか死んでいるのかが不明瞭な生き物だけど、死んだときには、あぁこいつ死んだんだなと、それとなく分かる。体のイボイボが丸みを帯びて、全体的に解けているような風体になる。そして体が少し小さくなって、ところどころ白くふやけだす。ナマコのように生命感のない生き物でも、死ねばそれと分かることが、なんだか衝撃的だった。