カーテングルグルは楽しかった

#title {color:#666666;}

首から肩にかけてがとんでもなく痛くて、それは一年ぶりに車の運転をしたからなんだと思っていたのだけどどうも違って、あ、あれだ、ヘドバンだ。と気づいたのはついさっき。ロックなライブを見に行ったわけでもなく、ただ練習スタジオで首を振っていただけでまさか首を痛めるとはなんちゅー弱い首筋なんだか。それにしてもこのヘッドをバンキングする行為ってのは素敵なものでね、楽しくなくても首を振るだけで楽しい気分になれる。スタジオでも別段楽しくもなかったのに、そのことへの打開策として首を振り始めたら、それが本当に楽しくて楽しくて仕方なくて、まぁそれでこの始末なんだけど、とにかく首振りは楽しくてハイになれる行為。そういえば小学校のころ教室のカーテンに包まってクルグル回るのが好きでよく回っては先生に怒られていたけど、今思えばカーテングルグルだって同じ類の行為で、あれは相当ハイになれる行為だったと記憶してる。10年前の自分はそれを好きでやってたんだから、ハイになるために首を振ってる今と何ら変わりないじゃないか。10年じゃ人は変わりませんね。って、へへ、帰結点が見えなかった。