6月13日-14日

#title {color:#666666;}

バイト先でエプロンがゴキブリホイホイに捕まってしまい、粘着物質がビヨーンて附着。
それを取るべくお風呂場でせっせとエプロンを洗っていたら、いつの間にか時計は12時をまわって次の日に。
6月14日。
今年もひとつ歳を重ねました。22歳。

        • -


バイト先の人と「『空中ブランコ』読んだことある?」「奥田英朗のですか?ないです。『インザプール』なら読みましたけど。」って会話。これが数日前。
そうしたら今日、そのバイト先の人が『空中ブランコ』をくれた。 貸してくれたのではなく、くれた。だって一度読んだらもう読まないもん、とのこと。ああ、嬉しい。何かお返ししなきゃ。
もらった物がハードカバーの本一冊なんだから、そんなにたいそれたお返しは必要ないのだけど、それが余計に悩みの種。ささやかなお返し。ってなんだ。そこまで親しいわけじゃない、30手前の未婚女性が欲しがるささやかなお返しってなんなんだ。まったくの未知数。じっくり考えよう。でもじっくり考えた時点で、それは「ささやか」ではない気も。んー。んー。んー。だー。