ハナムグリのように

日々のあわ 思ったこと、聴いた音楽や読んだ本のことなどを

日本サッカーの問題点

#title {color:#666666;}

人から聞いた話。

Jリーグは芝生に対して並々ならない情熱を注いでいて、芝の長さをミリ単位で管理しているし、優良な芝を提供したスタジアムには「ベストピッチ賞」という賞まで贈っている。とにかく熱を入れてる。「ミスター・ピッチ」なる芝をモチーフにしたキャラクターまで存在する。
だから日本のスタジアムは非常にプレーしやすいらしい。
でも、それって一概に良いとは言えないんじゃないか。
日本でプレーする分には良いのかもしれないけれど、そういったプレーし易いピッチで育った選手が世界に通用するのかは怪しい。つまり、環境が良すぎるせいでもやしっ子になる可能性があるってこと。中南米の試合なんかを見ると芝の環境が悪くてプレーしにくそうだけど、そんな中で育った選手のほうが間違いなく足技は上達すると思う。だから中南米のチームは強いのかもしれない。
あぁ、こんなところにあったのか。日本サッカーの問題点。